扁桃腺炎の原因・症状・治療法 > 扁桃腺炎の症状



扁桃腺炎の症状

扁桃腺炎は段階によって症状が変わり、他の病気を併発する恐れがある病気です。

以下に扁桃腺炎の症状と注意点をご紹介しています。

「おかしいな」と思ったら耳鼻咽喉科を受診することを強くおすすめします。


sponsored link


扁桃腺炎の症状


★初期段階

・赤く腫れる
・痛みが出る
・飲食時にのどに違和感を感じる


★急性扁桃炎 (腫れが進みのどの症状が激しい)

・38度から40度の高熱
・食事や唾液を飲み込む際に初期段階より痛みが増す。
・頭痛
・倦怠感
・関節痛
・寒気
・頚部リンパ節腫張
・耳の痛み(中耳炎も併発した場合)

※急性扁桃腺炎が悪化すると、扁桃腺周囲炎という腫れ・痛みが更に大きくなる症状に移行します。

これは急性扁桃炎が治りかけた際に治療をやめてしまうことが起因していますから、治療はきちんと最後まで行いましょう。



★慢性扁桃炎 (扁桃腺炎を一年に5回以上繰り返す)

・食事や唾液を飲み込む際に初期段階より痛みが増す。
・頭痛
・耳の痛み
・乾燥
・咽頭異常感


扁桃腺炎との合併症

急性扁桃炎と慢性扁桃腺炎は症状としてはほぼ同じなのですが、慢性扁桃腺炎の場合には気をつけないといけない事があります。

それは合併症が出る、という点です。

慢性扁桃腺炎の合併症として挙げられるのは、関節リウマチ、腎炎などです。

また慢性扁桃腺炎は、発症してしまうとでの改善は見込めません。

ですから、普段から栄養バランスのとれた食事や睡眠はきちんと取るなど正しい生活習慣を身につけておくといいでしょう。


sponsored link


Copyright(C) 2010 扁桃腺炎の原因・症状・治療法 Allrights reserved.